2180円で買えるiPad Air専用bluetoothキーボードレビュー

何となく面白そうだからと思いポチったのが1月31日。そしてそれが届いていた事を気づいたのが3月になってから。実に一ヶ月以上も熟成させてしまいました(笑)。いやぁコレかは気をつけないと。

なんだかんだしているうちに、私の好きなブロガーさん(記事)やYouTuberさん(動画)がAnkerの方のiPad Air用キーボードを紹介していた。うーん、なんだかソッチのほうがよく見えてきちゃったんだけど、こっちもたぶんいいはず。という事で実際に見て行きましょう!

2180円で購入できる激安Air用キーボード

JUVENA iPad Air専用bluetoothキーボード 2180円

とりあえず二つリンク貼っておくと。上が今回購入したやつで、下がAnkerのキーボードだ。評価とかでいうとAnkerの方が保証がながく、何となくの安定感があるよなぁ。でも私が買ったモデルのポイントをこの時点で挙げておくとすれば少し安い!ただそれだけだ!

Bluetoothの接続方法

まずBluetoothキーボードが初めてという方のためにちょっとだけ説明しておく。まずiPad Airの方でBluetoothをオンにしてくれ。こちらはiPad Airの設定画面から行けるぞ。

次はBluetoothキーボード本体だ。本体の電源をオンにしてすぐよこのペアリングボタンを押してみてくれ。すると次のような画面がでてくる。

あとはキーボードを選択して、そこに現れた番号を入力すれば設定完了。たったこれだけの作業で繋がってしまうのだ。Bluetoothって簡単だろ。次からは今の設定なしで自動的に接続してくれる。

まるでノートPC!

iPad Airは写真のようにガツンと本体にたてる事ができる。もうこの状態になるとパッと見でMacBook Airに見えちゃいますよ。

ただ本体は、実際にもってみないと気づきにくいけど、超軽量でプラスチック感がバリバリでてる。ホントにこれキーボードなの?と思うような重量だ。安っぽくはあるけど、超軽量ってのがポイントだ。

リアルキーはタイピングしやすい!

iPad Airで直接タイピングしている人もいると思う。確かに画面はでかくiPhoneやiPad miniと較べてタイピングしやすいわけですよ。しかしですね、やっぱりPCのリアルキーボードと比べるとキーの位置が指で探す事ができなかったりとどうしてもリアルと較べて劣る。

でもこうやってBluetoothキーボードを接続する事でタイピングのしやすさが全然変わってくるわけですよ。ちょっとパソコンなどに較べてキーの配列が細かく少しの打ちにくさはあるが、画面上のタイピングと比べるととても快適さ。

iPad用のキーも配置されてるぜ

キーをよく確認してほしい。何も英数字だけじゃないのさ。ボリュームキーもあるし、画面の明るさ調整など通常はワンクッション必要な操作もBluetoothキーボードなら一発で変更できる。

あとキーの配列確認して欲しいのだが、ご覧のように英字キーボードの配列になってるんだ。

私はMacが英字キーボード使っているので特に違和感ないが、元から使っているものがWindowsだったりMacの日本語キーボードとかだとちょっと配列が違っていて慣れるまで少し使いづらいかも。

長寿命の140時間駆動

もちろんBluetoothキーボードという事もありバッテリー駆動でござる。気になるのは駆動時間。調べてみると一度の充電で140時間動くらしい。それだけ使えれば十分すぎる。ただこれはベストで140時間だろうから、多めに引いても最低100時間はイケるはずだから何をどうがんばっても一日で切れる事はまずありえないぜ。

イマイチなポイント

マグネット式じゃない

私が買っていないAnkerの方はマグネット式で取付けはリアルのiPad Air用カバーみたいな感じらしい。しかし私が購入したモデルはパチパチとはめ込むタイプ。別にストレスにはならないけど、比べるとマグネット式の方が羨ましい。

充電なくなると当然使えない

一度の充電で最大140時間駆動するみたい。また充電時間も4時間〜5時間と比較的短いのもポイントだ。しかしあれなんですよ、人というのはバッテリーを過信しすぎて充電を忘れてしまうのですよ。それでバッテリーが切れて使えなくなる人も絶対でてくるはず。マジ気をつけてくれ!

キーの間隔が狭いので慣れる事が必要

iPad Air用という事で当然ながらPCなどよりキーの間隔が狭い。よって最初慣れるまでよくキーの打ち間違いなどしちゃうだろうな。でも慣れればミスは減っていくと思うので鍛錬が必要ですな。

iPad Airでの文章書き多い人は迷わず購入

パソコンではなくiPad Airを持ち歩く最大のメリットは軽量でいてしかもバッテリー持ちがしやすいという事。複雑な入力などないのであればiPadだけで済む仕事もいっぱいある。そこで普段からiPadで文字を書いたりする人であれば今回のキーボードオススメですぞ。

もちろん、これとは違うAnkerタイプのものでも問題ない。これがあるだけで文字の入力効率が激的によくなる可能性は大です!価格も比較的安いので試しに使うのもいいかもしれませんね。だって純正比員のカバーですら5000円近くするのでカバー代わりとかでもいいのかも。

後書き

縦置きでも倒れなかった

amazonでの書込みを見ると縦に置いたら倒れるというレビューを見てさっそく試してみたところ、押し込まない限り倒れない事を確認。さらにキーボード本体の裏にある角度をつけるスタンドを起こせば更に安定する。

縦置きしたいけど、そのレビュー内容を見て躊躇していた人は何も心配しなくていい。普通に使っていて倒れる事はないといいきるよ。ただけったり殴ったりすると当然ながら倒れるというか壊れるので注意。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別