それでもiPhone6買いますか?不満な所並べてみた

遂にiPhone6が発売となります。ただ今年のiPhoneはどうなんだろな。何かわたし的にいろいろ思う事があるんですよ。というわけで今回は私が個人的に思うiPhone6のうーんなポイントを紹介しましょう。

iPhone6のうーんなポイント

ディスプレイが大型化

今回、ディスプレイが大型化されました。ディスプレイサイズは「4.7インチ」と「5.5インチ」。私としては、別にこれうーんなポイントではないんですが、昔ジョブズさんがこういってましたよね。

「No one is going to buy a big phone(大きいディスプレイを搭載した電話機なんて誰も買わない)」

こういったこともあり、Androidの大型化を微妙という人の中には、「iPhoneは片手で持ちやすいからいいんだよ」という方も大勢いらっしゃいました。でもフタを開けてみるとこれです。しっかりiPhoneは現代のニーズに合わせてきました。

大型化により、画面が見やすく、そしてバッテリーも大型化して電池持ちがよくなったのですが、心のどこかでアップルなら意地でも大型化しないのでは?って思ってました。嬉しい事だけど、なぜかちょっと残念だった。

カメラが出っ張ったりデザインってどうなの

これも疑問だ。やっぱり本体がデカイとダサくなるって言われるんだけどどうだろ。とりあえずiPhone6Plus相当のサイズとなるガーナチョコを持ってみた。うーん、どことなくまぬけ。

他にも今回は、なぜかカメラが出っ張ってるらしいじゃないですか。何か技術的な問題があったんだと思うけど、ジョブズなら必死でこれを阻止しただろう。決してこれはかっこよくないよね。またこの状態だとカメラを下にしておいたときグラグラ揺れるからそこも嫌なんだよな。

日本では使えないNFC

今回「NFC」が搭載ってことでめちゃよろこんだ。画面の大型化よりこっちの方が私にとっては嬉しい。だってさ、スマホでコンビニ決済とか電車乗れたりできるのっていいじゃん。最高にクールじゃん。こちらは前々からAndroid機でも対応となっていたが・・・

今回のiPhoneのNFCは、日本では使えない・・・。どうやら独自規格の「Apple Pay」にしか対応してないらしい。日本は「FeliCa」だから「Apple Pay」じゃだめなんだよ。Appleさんは「Lightningケーブル」といい、独自規格が好きだからこういった時にこまる・・・

見たことある機能が追加

今回から白黒モードが使えるようになりました。たぶんこれを使えば多少なりバッテリー持ちがよくなるんでしょう。でもさ、もしこれがバッテリー消費軽減のためのツールとしたら、もっと素晴らしいものがあったりする。

こちらに至っては通信すら制限して必要最小限。10%あれば一日持つらしい。特に目新しさはなし。そしてこれも今回のポイント。

iPhone6の機能というより、iOS8からの機能なんだけど、キーボードが選べるようになった。これによりiPhoneに元から存在するあの変換イマイチのキーボードから開放される。ただこれもAndroidで普通に使えていた機能なので目新しさはない。

なんならAndroidスマホの多くは防水

あと今回の発表で残念だったのが防水機能がないってこと。今だとAndroidスマホの多くは防水機能あり。別に特別なものではないんだけどiPhoneは今だに防水機能がないんだよな。

まとめ!それでもiPhone6は売れる!

ごちゃごちゃ言いましたけど、それでもやっぱりiPhone6は売れますよ。大画面は一部の方には歓迎されてないでしょうが、多くの方には歓迎されているはず。そして電池持ちがよくなったり、Androidと比べるとアプリも充実してる。それだけで十分。

あとは日本でのFeliCaに対応したり、防水なんかつくようになったら「神」になれます。それほど素晴らしい端末です。さて私は今年どうしよっかな。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別