バキバキに割れました!iPhone用ガラスフィルム(GLASS)半年使用レポート

新しくiPhone6 PLUSを買ったわけですが一つ悩んでいる事があります。それがフィルム問題。裸族で使うのもありだけど、やっぱり液晶面にキズがつくと、どうしても気になってしまうのでそこだけはガードしたい。

そこで今回は、以前のiPhone5sでレビューした「超薄型ガラスフィルム」の半年レポートをしつつ、何にするか考えていきたいと思います。

0.15mmの超薄ガラスフィルム半年使用レポート

フィルムにはプラとガラスタイプがある

何も知らない人が読むと、じゃ「プラタイプ」の方にすればいいじゃん!って言われそうなので軽く説明しておきます。まずフィルムには大きくわけてプラスチック系のフィルム、そしてガラスフィルムの二種類があります。基本的にガラスフィルムの方が高価ではありますが、表面が硬く、滑りがいいというメリットがある。だから私はガラスタイプを使っています。

薄いからTouch IDが使える

ガラスフィルムでも、またいろいろあるんですが、特に使い勝手などで影響がでるのがガラスフィルムの厚み。現在使っているものは、当時最薄となっていた0.15mmのガラスフィルムです。たぶん現在多く出回っているものは0.3mmタイプのものなんですがそれだけ厚いとこの「Touch ID」が厚みのせいで使いづらくなるんですよ。

でもフィルムが薄ければ押しやすくなる。ただ0.15mmであっても何もない状態と比べるとちょっと押しづらくはなるんだけどね。

フィルムつけてる感じがほぼない

むかし0.3mmバージョンを貼り付けた時があったんですが、その時は、体感的にけっこう厚みがでちゃったなって思ったんです。でもこの0.15mmだとそれがあまりない。やっぱり薄いっていいなって思いました。

ただ薄いってのは、何もメリットだけをもたらすのではありません。デメリットがしっかり存在するのです。

表面の硬度はあるけど脆い!

ガラスフィルムの硬度は10Hという事でめっちゃ硬い。カッターでキズをつけようとも何ともないです。でもこれって表面が硬いだけの話ですごい強度があるかというとそうではないです。以前、砂利道でちょっと落としてしまった時にこうなっちゃいました。

端っこがピキピキ割れます

ガラスフィルムの端っこが弱いんですよ。こんな感じで割れるというか削れる感じ。そして一箇所やられるとそこからもガンガン広がってくる。

ポケットに入れるだけでも割れる可能性あり

こちらは落下で割った場所ではないんですが、ポケットにいれていたら自然とこうなってました。おそらく一緒に鍵やら入れる事もあるのでそれとかで削れてしまったのではないかと。

現在は至るところに亀裂が入ってます

ちょっと画像からの確認が難しいのですが薄く画面端からボタンに向けて亀裂が入っております。しかもこれが複数箇所で発生。たぶんですが、一度キズついてしまったところはもろく、そこから亀裂が入りやすくなってしまったんだと思います。

まとめ!割れやすいけどそれでも薄型派

こんな感じで0.15mmのガラスフィルムはハッキリ言って、脆いです。でも次も同じようにこの薄型フィルムを買う予定です。理由はメリットでもある「Touch ID」の使いやすさ。そしてつけてる感が薄いって事です。やっぱりいくら頑丈といっても0.3mmは厚いんですよ。

ただ割れるものに対して、当時買ったときの値段が4000円だったのでこれはさすがに高いですね。価格が高くても丈夫ってわけではないので、今度は薄くて安いやつ探して買う予定です。またかったら貼付けレビューやりますね。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別