互換品には気をつけろ!MagSafe2の互換品で失敗しました

人生なにも成功ばかりではございません。その成功の裏には、それ以上に失敗があるものです。さて冒頭からカッコイイ事いってますが、別に今回の話と何も関係ございません。何となくカッコイイ事いってみたかっただけですw

さて今回の話は「互換品」でございます。世の中には互換品という素晴らしいものがあるんですが、わたし過去にいろいろ失敗しております。ではさっそく本日もいってみましょう。

Magsafe2の互換品で失敗した話

けっこう互換品もってます

互換品とは、メーカーの純正品ではない誰かが作った製品。たとえば写真にあるのがカメラのバッテリー。これ純正品だとたった一つで6000円やら7000円やらする。ハッキリいって高すぎる。カメラ一つの価格が4万やらで売っているのに、このパーツだけでその値段。

でもこれが互換品だと、たった1000円で買えるのです。でもデメリットもあって、そのバッテリーを使おうとすると、カメラのディスプレイに「このバッテリーは使えません」というような表示が出ることがあるのだ。

でもAmazonの評価を見れば、自分の使っているカメラでの動作が何となくわかるので、ほとんどこれで失敗したことはない。でも次に紹介するやつでは、過去にいっぱい痛い目にあってる。

Magsafeの互換品はめっちゃ安い

これネットで価格を調べると驚くだろう。Magsafe2の純正品は、8000円くらいで販売されているのに較べて互換品だと2000円くらいで売っていたりする事がある。もちろん、純正品の方が製品として安定しており、間違いない。でもこれだけ価格差があると互換品になびきたくもなる。

でも私、これで2回も失敗しております。

純正品では、動作OK

純正品であれば、もちろんMacBookを充電できます。そりゃ当たり前ですわね。でもそれが互換品でも充電できちゃうのです。あんなに安いのに。でもねこれ、次のようになったりもするのです。

数カ月後に動かなくなる・・・

物理的に壊れたとかではない。数カ月後にこのような事態が発生することがある。原因は分からないがMacのバージョンアップなどで互換品対策が入るってことはあると思う。または全く充電できないというわけではなく充電が不安定になることも。

何度も付け外しをして、充電ができるようになったり、50%を超えると充電できなくなるって事もあった。そこで私は新しく別のメーカーの互換品を買ったのだが・・・

充電不安定だしぶっこわれた

最初きたときから、充電は不安定。充電中に充電されなくなったり、いきなり充電したり、それにより画面がチカチカして仕事にならない。何なら使ってみて2ヶ月でご覧のようにぶっ壊れました。保証はついておりますが、安物だし、充電が不安定だった事を考えると修理して使いたくもない。

まとめ!安物買いの銭失いとはまさにこれ!

はっきりいって、純正品のアクセサリは、どのメーカーであっても高すぎる感じがする。ただそれでいてもMacBookのMagsafeだけは気をつけた方がいい。最近のMagsafe関係のレビューをみると、何か対策がされてしまったのか、不安定やら使えなくなったやらの声がやたらと多いのだ。

ただ互換品を使ってMacbookが使えなくなったとか壊れたって話は聞いたことがないので、その辺はほぼ大丈夫だと思う。でも基本的な充電機能が使えなくなる可能性が高いので他の製品の互換品は買っても、Magsageだけは高くても純正品買うことをお勧めするよ。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別