気をつけろ!Lightning30ピンアダプターの注意点 映像は変換されないぞ

iPhone5以降、Appleでは従来のドックコネクタからライトニングコネクタに変更となりました。コネクタが小さくなったのはいいんだが、ドッグコネクタに対応した機器には合わなくなっちゃいましたよね。

でもご安心下さい。今回紹介する『Lightning30ピンアダプター』を使えばそんな問題解決できちゃうわけですよ。ただし問題点が幾つかあるのでその点ご注意下さい。

Lightning30ピンアダプターレビュー

ウソでしょ、価格は2800円

まだ社外品が出回ってないため、安定している商品を選ぶなら純正品を選ぶしかありません。ちょっと価格が残念です。ただの変換アダプタが2800円もするんです。でも人によっては、それ以上の価値があるので何とも言えませんがちょっと高め。

商品購入ページ

今回のライトニングコネクタってなんか特殊なチップが入っているみたいで、簡単に他社が作れないようになっているらしいです。まぁAppleさんの利益を確保する点では仕方ないが、アクセサリはもう少し安くなってくれると嬉しいな。

Lightning30ピンアダプターって何するためのアクセサリ?

Lightning30ピンアダプターってのは『ドックコネクタ ⇔ ライトニングコネクタ』に変換するためのアダプターでございます。なんで変換アダプタが必要なのかというとこういった事があるんだよね。

変換アダプタの利用例

  • コンポがドックコネクタにのみ対応している
  • カーナビの端子がドックコネクタのみ
  • ドックコネクタに対応したアクセサリを使っている

つまりは、ドックコネクタを持った製品を何とかして使いたい場合に『Lightning30ピンアダプター』が必要となるわけです。調べてみるとそれで解決できるケースと解決できないケースがあるらしい。では今回は、その辺りをチェックしてみましょう。

ドックコネクタとライトニングコネクタの違い

知らない人もいるかもなので、簡単に違いを説明しておきましょう。写真を見ての通りドックコネクタとライトニングコネクタでは、見た目が全然違うのです。

ライトニングコネクタになった事で、コネクタが薄型化・小型化され便利になりました。更には裏表がなくどっちの向きでも差し込みができるのが特徴です。

ピンの数はライトニングが8ピン、ドックコネクタが30ピンとなっており、ライトニングはデジタルの入出力だけ対応しており、今回のライトニング変換アダプタを使う事でアナログ出力に変換してくれるとの事です。

ドックコネクタのコンポで使用できたぞ

おじさんからお借りした、ドックコネクタを搭載したコンポで音楽の再生をしてみました。写真のように差し込んで使うのだが今回は特に問題なし。

普通に曲を選定して再生してみたところ、何の問題もなく再生できました。音質についてはデジタルからアナログの変換でわるくなるという意見もあるが、今回は特に音質の劣化は感じませんでした。

コレまでにドックコネクタに対応したコンポっていっぱい販売されているから、ライトニングコネクタじゃ使えないって事から変換コネクタが必要になる人は多いでしょうね。ただコネクタをつけると背が高くなって見た目がちょっとかっこわるいかも。

もちろんドックコネクタ経由での充電も可能さ

ライトニング用のケーブルを持っているわけだから、こういう使い方をする人は稀でしょう。検証してみたところ、問題なく充電できました。

このような使い方をする理由としては、まだ従来のドックコネクタの製品も合わせて使用するが、ケーブルいっぱい保有するのが嫌だからコンパクトな変換アダプタを持ってドッグコネクタとライトニングコネクタの両方に対応させたいって人でしょうね。

ドックコネクタ対応のSDカードリーダーにも使えました

以前のドックコネクタ対応SDカードリーダーを持っている人も多いでしょう。それに使えるかどうか検証してみました。

差し込んで使ってみたところ、問題なし。音楽データだけでなく写真データについても変換し転送してくれるみたいです。

えっビデオ映像の変換はできないんだって!?

コレが今回の『Lightning30ピンアダプタ』での最大の注意点と言えるでしょう。音楽や写真データは何とかなるのですが、iPhoneやiPadを使ったビデオ出力ができないのです。

Apple製品に対応したカーナビだと、入っている動画をカーナビでも再生できるようになってたりするものもあるが、それも出来ないらしい。こちらについてはカーナビを持っていないため未検証です。

こちらで検証したのは、ドックコネクタからHDMI出力ができるアクセサリで検証しました。結果、残念ながら映像の出力はできなかったのです。たぶんコレには、デジタルやらアナログ出力やら関係があるんでしょうね。

何も知らず変換アダプタを購入する人は多いとおもわれるので、ビデオ出力はできない可能性が高い事だけは覚えておいて下さい。

変換アダプタはデカイのでケースによっては差さらない

私の場合は、まだiPod touchのケースを購入していないので、特に問題ございませんが、この変換アダプタってデカイんですよね。

なのでケースにもよりますが、ゴツ目のケースをつけている場合は、入らない可能性があります。なのでケースを取り外して変換アダプタを使用するといった事も少なからず起きてきそうです。

どうしても変換が必要な人はアリですかね

『Lightning30ピン変換アダプタ』ですが、ビデオ出力に対応していないため何でも変換できるものと思わない方がいいでしょう。

価格も高めだし、決してよいとは思えませんが、カーナビだったりコンポにドックコネクタがついていた場合は仕方がないです。そういう時には今回の変換アダプタを使うしかないでしょうね。

私の場合は、車積んでいるFMトランスミッターがドックコネクタ用のものなので、そっちで使おっかな。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別