iPad miniのココがダメ!なぜRetinaディスプレイじゃないだ!

iPad mini(iPad miniのレビュー記事)が発売されて二ヶ月が経ちました。私の周りの人(特にYouTuber)ではiPad miniはむちゃくちゃ人気で多くの人が持っています。

確かにiPad ミニは素晴らしいタブレット端末だと思いますが、ちょっと不満点があるのも事実。そこで恒例の『iPad miniのココがダメ』を行いたいと思います。ではご覧あれ。、その他、過去のココがダメシリーズです。
Nexus7のココがダメ
iPod touch5のココがダメ

Retinaと比べると画面は粗い

iPad miniは、薄さの実現とかいろんな問題もあって今回Retinaディスプレイを見送ったのだと思います。ホントこれは残念だったな。

ディスプレイ解像度は『768×1024ドット』。iPad2をそのまま小さくした感じだからピクセル密度は216ppiとiPad2より密度は高くなります。

でも比べるとやっぱりRetinaと比べてしまうと画面の粗さは出ちゃうんだよね。ちなみに比べたのはRetinaディスプレイのiPod touchです。やっぱりRetinaはきれいだわ。

文字が滲む気がする

これもディスプレイに関する事なんだが、小さな文字についてはやっぱり滲みますね。文字がにじむとちょっと読みづらくなるんですよ。ココでもRetinaのiPod touchと比較してみました。

これはブログを読む時も感じるし、Gmailをチェックする時にも感じます。更に次ではGmailアプリを使った時にNexus7と文字の見え方を比べてみました。

たぶんアプリやフォントによって表示が違うんだろうが、とりあえず文字が小さいとiPad miniは文字がにじむのです。うーんなぜだろう。

高級感があるから雑に扱えない

これは人によるところでしょうが、iPad miniってやっぱりあのアップルさんが作っただけあって高級感があってカッコイイんですよね。外枠はアルミで出来ているしホント作りがお上品。

ただこれはNexus7も持っている私だから言えるんでしょうが、Nexus7だと背面がラバーコーティング仕上げで高級感があるって感じではないんです。でもその分、私の中では雑に扱う事ができるんですよね。

なぜかiPad miniだとキズが心配、でもNexus7だとキズくらいどうでもいいっていう私がいます。そのためか現在でも稼働率で言うと私はNexus7を一番多く使ってますね。

アルミボディーが滑る

おしゃれで高級感さえ表現できてしまう、あのアルミボディー。でも1つ問題があります。それは滑りやすさ。

私ももう30歳間近、若い時と比べて潤いが減ってきたわけですよ。また冬場という事もありそのカサついた手で触ると、まぁ滑ります。

でも『Nexus7(レビュー記事)』や『Kindle Fire HD(レビュー記事)』は、両方ともラバー仕上げとなってるんですよね。それらは滑りにくくて持ちやすいんですよ。でも製品って使い勝手がすべてじゃなくてカッコよさってのも重要だからアルミもアルミでいいんですけどね。

薄すぎて机に置いた時に持ちにくい

なんとiPad miniの厚みはiPhone5より薄い驚愕の7.2mmでございます。これは他のタブレット端末から比べると何枚も上手。薄くなる事でかさばらなくなるんですが、ココに贅沢すぎる盲点が。

机に置いた時、薄すぎて持ちにくいのだ!薄すぎるとこんな弊害が起きちゃうんだよね。でも逆に10.45mmと厚みのあるNexus7とかは持ちやすいんだよね。

miniだけど大きいから持ちにくい

iPad mini(7.9インチ)ってNexus7(7インチ)などに比べてディスプレイサイズが大きんだよね。だからホームページの閲覧とかだと少し大きく見えるからみやすかったりするわけ。

でもそのせいで本体サイズが大きくなって、写真にあるような鷲掴み方式は、ちょっとやり辛いんだよね。あと先ほどいったアルミボディってのもあるからすべるわけ。

持ちやすさでいうとやっぱりNexus7の方が持ちやすいですね。ただこの画面サイズによる利点ってのも多くあるから何でもメリット・デメリットです。

Googleアプリの対応が遅れる事も

何でも製品(ハード)だけがすべてじゃありません。アプリ(ソフト)も重要ですよね。iOSってのはAndroidに比べてアプリが優秀と言えます。Apple製アプリでいうとiMovieとか便利なやつもありますよね。

でもこれはGoogleの問題ではありますが、グーグル製アプリの対応が遅れる事もございます。12月になってようやくiPad miniでも『YouTube』アプリが出るなど対応が遅れる事もありました。

またiPhone版は出ているのですがiPad版の『Google Map』は今現在出ていないようです。この辺りの開発は自社ブランドのAndroidを優先させたり、いろんな問題があると思うのですが、Google依存しまくりの私からするとGoogle製のアプリの重要度ってのはむちゃくちゃ高いわけです。

使いにくくなったEvernote

ごめん、これは別にiPad miniについてじゃなくてiOS用のEvernoteについてかな。なんかね現在のデザインはあまり好きじゃないんだ。

上からいろいろ引き出すと間違えて『通知センター』を出しちゃう事ってよくない?そういった意味ではやっぱりAndroid側のEvernoteのように左側から出すのが一番。

いろいろ、iOSとAndroidで同じアプリでも使い勝手が違うって事多いんだよね。

タブレット端末としては高価

有名なタブレット端末と言えば下記の3つでしょう。ただiPad miniってご覧のように一番高価なんですよね。

各タブレット端末の価格(16GB)

iPad mini Nexus7 Kindle Fire HD
価格 28800円 19800円 15800円

iPad ミニは、Nexus7と比べると約1.5倍、Kindle HDと比べると約1.8倍です。カメラがいいものだったり、アルミ製ボディーだったりといろんな理由はあるんですが、価格で悩む方は多いのではないでしょうか。

ただ、iPod touchの32GBモデルで24800円、新しいiPadで42800円なので、価格とのバランスを考えた時にこの価格は妥当でしょうね。機種が増えてしまうと価格設定が難しいんです。

ごめん!いろいろ言ったけど素晴らしい端末です

今回、企画として『iPad miniのココがダメ』をやってみたんですが、むちゃくちゃな事もいいました。気を悪くされた方すみません!

もう読んでわかったと思いますが、ダメって言っても大きな問題はないんです。むしろ携帯性が大きくなったメリットの方が大きくiPadとiPad miniの両方を持っているという方だとminiばかり使っているという人が多いみたいですね。

それほどまでにiPadと比べた時の携帯性がいいみたいです。あと先ほど言ったようにアプリの強みもあるし、iPad miniがむちゃくちゃ売れているってのも納得です。カメラも使えるしホント万能だわ。

これから購入を検討する方の参考にはなったかな。もしよかったら『iPad miniレビュー記事』もございますので合わせてご覧下さいませ。さて次期iPad miniはどうなるんでしょうね。ほぼ確実にRetinaになるんでしょうが楽しみです。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別