一瞬でスタンドになっちゃうIPEVOのiPadケース(新しいiPad・iPad2対応)

いままで無理やり新しいiPadにiPad2用のケースをつけてました。まぁそれでも何とかなっていたんです。ケースとしても使えてたしスタンドとしても使えてた。

そんなある日『IPEVO』さんが、そんな私を見るに見かねてか(笑)、iPadのカバーを提供してくれるとの連絡があった。私の身にこんな事が起きるなんてね。まぁそんなわけで今回は頂いたiPadケースをレビューしてみます。

一瞬でスタンドになっちゃうiPadケース詳細

価格は3980円とちょっと高級

レビューは、何かの縛りがあると、書いてて全然楽しくない。そこでレビュー条件として、メリットも言うけどデメリットも紹介したいと連絡したところ快くOKいただきました。デメリットの部分は時期商品開発の時の参考になるそうだ。

こちらIPEVOさんのiPadケースだが、正式名を『Origami Folio with Built-In Stand for new iPad and iPad 2』という、略して『折り紙(Origami)』だ。

Amazonで販売中(Amazonでの一覧)なのだが、価格が3980円とちょっと高め。でもそれを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれ。それよりも大事なのは機能面だ。さてどんな機能を持っているのだろう。

iPadのケース取付けは10秒ほど

まず開封してiPadをケースに収納してみる。収納はとっても簡単でした。ケースを広げて写真のようにiPadを挿入し、軽く蓋を閉じるだけ。

初代iPadを持っている人は知ってるかもしれないけど、純正品でこんな感じのケースありましたよね。まさにそれです。ちなみに下記の二つのアイパッドに対応しております。

対応一覧

  • 新しいiPad
  • iPad2

開閉によるオンオフについても動作確認済みで、新しいiPad、iPad2の両方でスムーズに動作してくれました。過去に経験あるけどダメややつは、このあたりの反応が悪いんだよね。

これがiPadケース最大の見どころ

このiPadケースの蓋の部分には、こういった模様というか切込みがあります。実はこの部分くねくねと曲がるようになってるんですよ。

この蓋がくねくね曲がる事で、iPadケースに革命が起きます。これ考えた人、マジ天才!

開いて押すの2ステップでiPadスタンド化

こちらIPEVO iPadケースの説明書だ。うーん、簡単すぎるぜ。手順は簡単だ。たったこれだけでiPadがスタンドになるらしい。

組立て手順

  • iPadのカバーを開く
  • iPadのカバーを指で押す
  • iPadスタンドの出来上がり

現在、この記事を書いている時で使用2週間目なのだが、このたった2ステップというのがいい。純正のカバーだと何回もクルクルする必要があって、地味に時間がかかっていました。それがこのケースだと一瞬でスタンドが出来ちゃうのです。今ではお気に入りのスタンドになってしまいました。

時間で計ってみると2秒~3秒でスタンド出来上がり

iPadを開いたら、写真のように指でカバーを押し込むだけなんです。何回かiPadスタンドの組立て時間を計ってみましたが、iPadが閉じた状態から開いてスタンド化させるまで『2秒~3秒』です。

これなら、さっとiPadを出してスタンドにするといった一連の動作がむちゃくちゃ早く行える。これが今回私の一押しポイントですね。もう過去のカバーに戻れません。

キーボードが打ちやすい角度にチェンジ

カバーを折りたたんだら、今回のようなスタイルで置く事も可能。この角度は約20度くらいで、何かiPadで操作する時に便利な角度。

タイピングは、もちろんだがiMovieでの映像編集、GarageBandでの音楽作曲など、こういった作業をする時に便利である。

何か見るときはiPadスタンド化

ケースバイケースだが、何も仕事での打ち込みがないときは、このスタイルにしておくのが一番いいだろう。角度は約70度との事です。

簡単にスタンドにできるというのもメリットだが。このスタンドスタイルってカバーによっては不安定で、倒れたりする事あるんだよね。でも今回使っている『iPadケース Origami』の安定感は抜群だね。全然倒れる気配はないです。

そんでコレが、iPadの背面側の写真ね。こんな感じにケースが変形しちゃってるわけなんです。なんか変身ロボみたいでかっこいいっすよね。

カメラはしっかり使えます

iPadカバーを始め、スマホ用のカバーだとか、いろいろ大変ですよね。ボタンがあったらボタンが押せるよう、切り抜いてあげないといけません。

粗悪な商品だと、位置がずれていて使い物にならないとかあるだよね。今回のケースですが、その辺りはバッチリ抑えています。カメラもこのようにしっかり切り抜かれてます。

スピーカー部分もがんばってます

強度の関係もあってか、スピーカー部分は丸ごとの切り抜きではなく、合計六ヶ所の丸長の穴が空いてます。少しスピーカーがふさがれているわけですが特に影響はなく、音がこもっている感じもありません。

アイパッドのホームボタンは隠れてる

このケースカバーを取り付けると、アイパッドのホームボタンが隠れてしまいます。もちろん押せるわけですが、最初の事はちょっと残念な感じがした。ホームボタンは切り抜いて見せたい部分だったので。

でも二週間も使っていると、そんなのどうでもよくなってくる。むしろここに穴を空けることで、この当たりがふにゃふにゃになる事の方が心配だ。今となっては、これで満足。時期のバージョンもこれでいいと思う。

軽い滑り止め効果のあるマイクロファイバー

私がiPadでもスマホでも気にしているのは、滑り止め効果である。プラスチック製品とかだとすべすべして落とさないか心配なのだ。

このIPEVOのケースでは、マイクロファイバーが採用され、ページ上ではこんな特徴があると言ってる。

マイクロファイバーならではの特徴

  • 防湿効果がある
  • 防塵機能がある
  • 軽量である
  • 薄型である(厚み4mm)

でもそれ以上に感じるのは、もった時の軽い滑り止め効果である。なんか表面は生っぽい感じで、けっこうグリップが効くんだよね。

机の上でも、滑る事はないし、このあたりも私のお気に入りの1つであります。なぜ商品紹介ページ上でもこの事を言わないのかな。このケースのオススメポイントなのに。

メリットをまとめてみた

実際、二週間ほど触ってみて特にいいと感じた部分をリストにしてみました。購入の際の参考にして下さいませ。

メリット一覧

  • 一瞬でiPadをスタンド化できる
  • 一体型ケースだから頑丈(外れない)
  • 滑り止め効果がよく、落下防止にも効果あり
  • スタンドで立てた時の安定性がGood

やっぱり一番のポイントは『瞬時にスタンド化』。あと先ほど触れてなかったが、こういった一体型のものってカバーが外れる事ないから安心感があるんだよね。純正品のカバーだと磁石でくっついているだけだから、カバーだけを持つと外れちゃうんですよ。

デメリットもまとめてみた

メリットばかりではない、提供品ですらデメリットを述べるのがカズレビューなのだっ!やっぱり正直にやるのが一番!

デメリット一覧

  • 黒系のケースだと埃が目立つ
  • ケースが布っぽいためか、若干ケースがずれる
  • 価格はちょっと高め(3980円)

写真にあるように、黒系のケースだとマイクロファイバーを使っているせいか、埃がつきやすく埃が目立つ。これはマイクロファイバーを使う以上仕方のないことだね。

それが気になる時は、カラーが全5色あるから、ブラック以外を選択すれば特に気にならない。ちなみに私は赤っぽい『Honeysuckle』というカラーを使ってます。

あとちゃんと収納はしているんだけど、2mmくらいずれる事がある。まぁ材質が布っぽいから多少のずれは仕方ないんですけどね。でもこれによる不具合とかは別になし、カメラも隠れる事はないし、ボタンも押しづらくなる事はないです。

あと最初に言ったけど、価格はちょっと高めの3980円、でも純正品だとカバーだけでも、このくらいの価格だし私が思っているほど高いという設定ではないのかも。

今回、提供頂いたわけで、別に後押しするわけでないのですが、買ってもいいレベルの商品ではありますね。昔使っていたカバーより、こっちの方が気に入っているため現在では愛用品になっちゃいました(^_^)v

今回のiPadケース Origamiですが『コチラ(Amazon)』から購入可能です、もしよかったらご検討下さいませっ!

以前使っていたiPadケース

ちなみにコレが以前使っていたiPadケース。けっこう使い込んでおり、傷が見えますね。

無理やりつけていたせいか、最近ちょっと干合がわるくなり変な隙間ができていたとこだったんですよ。やっぱいiPad2専用のケースを新しいiPadに取り付けるなんてちょっと無理だったのかなぁ(笑)

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別