ダラシなくてすみません!寝ながら使えるiPadスタンドが小さくなって帰ってきた

半年くらい前に「クッション製のiPadスタンド」を紹介したの知ってます。これ台湾メーカーの「IPEVO」っていう会社さんから提供してもらったんですけど、また新しいのが出来たみたい。

これ超シンプルなやつでアナログ感バリバリ。でも使ってみると意外に便利だったりします。今回そのPadPillowが小型化されたようなのでそちら検証していきましょう!

小型化されたPadPillow Liteレビュー

PadPillow Lite 価格は1580円

実はね、これ提供してもらったの去年の末なんだ。なんだかんだで四ヶ月くらい熟成させちゃったな(笑)。まっ私のブログは趣味みたいなもんだしこんな調子でいいでしょう。

商品購入ページ

以前のやつは価格が3000円くらいしていたんだけど、今回の小型バージョンは、なんと価格が約半額の1580円。前のバージョン買うくらいなら絶対こっちのバージョンだな。まっ理由はあとで説明します。

iPad miniなどで使えるスタンドなんですよ

まだ以前の記事「クッション製iPadスタンド(PadPillow)」を読んだ事ない人のために一応説明だけしておきましょ。この「PadPillow Lite」ってやつはiPad miniなど小型タブレット端末のスタンドなんですよ。

超シンプルな形でiPad miniだけではなくNexus7やKindle Fire HDなどでも同様に使用する事ができます。まっ基本的に何でも対応してますね。

座りながらの姿勢でも相性はバツグンにいい!

便利なのは、ソファーなどイスに座りながら使うシーンだね。膝の上にのせて使えばわざわざiPadなどタブレット端末を持たなくても使えるんだ。

寝ながら視聴できる

このスタンドは、楽な姿勢でiPadなどのタブレット端末を使用・視聴できるようにするためのアイテムなんだ。ご覧のように横になりながらもiPadなどをセットして手で持たなくても視聴する事ができます。

このように挟めて使用する事も可能

もっと画面を顔に近づけてみたいのであれば、行儀がいいとは言えないが足を曲げて使えば画面をもっと顔に近づけて使用する事はできます。構造がシンプルなだけに使い方は様々。

PadPillow Liteのイマイチなポイント

角度調整に自由度がない

もうわかっていると思いますが、このiPadスタンドには角度調整機能がありません。よって寝ながら使う時は人によっては角度的に不便と思う事があるでしょう。

座りながらの時もイスの角度によっては不便に思う事がありますが、PadPillowを開いて使うなどすると多少はiPadの角度調整がききます。

小さくなったとはいえ、やっぱりデカイ!そして恥ずかしい

今回、以前のPadPillowと較べて感覚的に大きさは半分以下になりました。サイズが小さくなる事によって携帯性が増し、ちょっと無理やりではあるがカバンに入れて持ち歩く事もできるでしょう。

でも小さくなったといっても、ある程度でかいし、外出先で使うにはまだ少し恥ずかしいっす(笑)。やっぱり小さくなっても家庭用ですな。

磁石が気になる

前回の「PadPillow」ではなかったのですが、今回のバージョンから閉じる固定力をアップさせるために磁石がつくようになりました。おそらく本体サイズが小さくて軽いため、ものによってはタブレット端末を立てかけると後ろに倒れるものもあったのでしょう。

たぶんそれらを防止するため磁石でガチっと固定していると思うんだけど、やっぱり磁石って気になるんだよね。まぁiPadでも何でもスリープモード付きのケースって磁力を認識してオンオフになるから大丈夫だとは思うけど、やっぱりちょっとが気になる。

長時間タブレットを使う人にオススメだな

ぶっちゃけ、メール確認とかそんな一時的な利用しかしないのであれば今回のPadPillowは特に必要ないでしょう。ただソファーに座っての長時間の視聴が長かったりベッドシーンで寝ながら使うっていう場合にはいいかもね。

ただ寝ながらの時はさっきもいったけど、角度調整できない事から、最適な角度とは言えません。そこだけ注意してちょ。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別