iPhone5s(SIMフリー)を月額945円で使える「楽天ブロードバンドLTE」の設定方法

先日ついに私はSIMフリーのiPhone5s(レビュー記事)を買ってしまいました。これでdocomoでもSoftBankでも好きなキャリアを選べる。ただここで普通のキャリアと契約したのではSIMフリーの良さが半減してしまうよ。

SIMフリーで流行ってるものといえばやはり「MVNO」でしょ!そんなわけで今回は試しにMVNOの一つ「楽天ブロードバンドLTE」を試してみる事にしました。では本日も行ってみましょう!

「楽天ブロードバンドLTE」使用レポート

月々945円でiPhone5sが使える

エントリープランエントリープラスプラン
月額料金875円945円
初期費用通常4,200円通常4,200円
高速通信容量300MB/月まで500MB/月まで
超過時の通信速度最大100kbps最大256kbps
提供SIM・標準SIM
・マイクロSIM
・標準SIM
・マイクロSIM
・nanoSIM

iPhone5sはnanoSIMなんだよね。ぶっちゃけ容量的には875円のエントリープランでいいんだけど、nanoSIMの提供がないので仕方なくエントリープラスプランにしました。

高速通信の容量は500MBとなるが、自宅や職場でWi-Fiを使ってるので500MBでも全然問題ない。ぶっちゃけこれまで使っていたGALAXYで月々の使用データ量を見るとそんなもんだったよ。

多少制限はあるけど、945円でデータ通信が使えるのはとても魅力的である。二台目としてiPhone5sを持つ分には全然いいのではないだろうか。

高速通信量を超えても256kbps

高速通信量の500MBを超えても不安になるでない。その後は速度が極端に落ちるけどそれでも256kbpsの速度が出るのだ。さすがにこれだと動画の閲覧は厳しいがメール確認やちょっとしたWEBページの閲覧はできる!

docomoの通信網だから田舎でも安心

今回使っている通信網は、なんとdocomoの通信網なのである。docomoといえば田舎ではめっぽう強い!私のいる福井でも電波バリバリでございます!

月々の縛りがなく必要なくなったら切ればよし!

楽天ブロードバンドLTEのさらなるポイントとしては、半年や1年などの継続契約の縛りがないって事。使わなくなったら契約解除してしまえばいいんだよ。なんて使い勝手のいいやつなんだ。

楽天ブロードバンドLTEの使い方

iPhoneはSIMカードなしでは使えない

まず最初にだけど、iPhoneはSIMカードがささってないと例えWi-Fiで繋いでようが使用できないみたい。SIMカードなしで動作だけ確認したかったんだけど、開封そうそう上記のような画面が出てきたよ。

あと一つ言っておくが、私自身そこまで通信に詳しいわけでもなく、いろいろ調べて試行錯誤してようやく接続できました。ただし3G回線でしか接続できないなど不具合盛りだくさんなので、検証は自己責任にてお願いします。

楽天のnanoSIMを手に入れよう

まず最初に楽天ブロードバンドLTEのnanoSIMをゲットしよう。上記リンクもそうだが、ちょいちょいキャンペーンを行っていて初期費用の4200円が無料となるみたいです。いつまでやっているかわからないので、自分の条件にあっていたら期間内に注文する事をオススメする。

iPhone5sにSIMカードを入れよう

ではここから作業タイムに入る!私自身iPhone自体初めてだし、今回のような格安SIMカードを入れての設定なんてしたことがない。ちゃんと出来るのかホント不安だ。そしてこの楽天のnanoSIM自体、このiPhone5sで使えるリストに入ってなかったのでそもそも動作するかもわからない。

docomoの3Gで繋がった!?

SIMカードを入れてみると、どうやらSIMを認識できたようで、初期のAppleアカウントの紐付けなど設定ができるようになった。そして念願のホーム画面が出現。更には左上を確認すると「docomo 3G」という表示が出てきたよ!!

んっ?繋がらない

さっそくSafariでネット接続できるか確認したところ「PDP認証に失敗しました」という謎のメッセージが出てくる。うーんこれはどうしたもんだろうか。とりあえず調べるとするか。

APN設定が出来ない

いろいろ調べてみると設定の中のモバイルデータ通信の中から「APN設定」を行うみたいなんだが、なぜか私のiPhone5sにはそのような項目が出てこない。もしかするとiOS7になってから変わったのかもと思って調べてみても他のSIMカードではその表示があるのだ。

まさか、このパターン・・・SIMフリーのiPhone5sじゃ楽天ブロードバンドLTEは使えないんじゃないだろうか。初期費用無料なので特に損害はないんだけど、この結果じゃ残念すぎる。何か方法はないのだろうか。

パソコンからAPN設定できる!

いろいろ調べてみると今回のSIMフリーiPhone5sでの接続事例は見つからなかったんだけど、過去のiPhoneでの接続事例を発見!どうもiPhone側で設定できない場合はWindowsやMacを使って設定するらしい。

まず上記リンクより「iPhone 構成ユーティリティ」をインストールして設定を行うようだ。

構成プロファイルを新規作成

  • 名前: kazuporo (何でもいいっぽい)
  • 識別子: net.mopera

iPhone 構成ユーティリティをインストールしたら「構成プロファイル」から左上のボタンの新規作成。次に上のように記入してみました。名前自体は何でもいいみたいで、識別子にはみんな「net.mopera」を使用していたのでそれを入力。

APN設定のLTEでは接続できず

ここも悩みポイントだったのだが、nanoSIMのカードが届く前に一枚の用紙が届くんだ。これにはAPN設定など重要項目が記載されているから無くさないよう注意して欲しい。

これには、LTE端末の場合は上の「lte-mobile.jp」と入力、そして3G端末の場合は「f1.mobile.ne.jp」と記載されていたので迷わず、LTEを選択したんだが、これじゃ一切接続できなかった。

APN設定欄に3G情報を入力

先ほどの「iPhone 構成ユーティリティ」でAPN設定の項目があるので、そちらに移ろう。とにかく私のやり方ではLTEでの接続が出来なかった。よってたぶんダメだと思うが3Gの方を入力する。

この時に、先ほどの用紙を確認するとユーザー名やパスワードも記載されているのでそちらも合わせて入力しよう。

iPhoneに構成プロファイルをインストール

PCにiPhone5sを接続すると、ご覧のように今作った構成プロファイルが表示される。あとはそのままインストールボタンをぽちっとしましょう。

するとiPhone5sの画面にインストールボタンが出現するので、そのままインストールさ。

うぉーつながった!

さて試してみる事にしよう。さっそくSafariを開いて私のブログにアクセスしてみると・・・「うぉーつながったやんけ!」。回線は3Gとはなるが普通に表示できた。また画像盛りだくさんの私のページでもさほど表示に時間はかからなかった。

動画の再生もイケた

3G回線という事で動画は厳しいと思ったが最初10秒くらい待てば、途中止まる事なく再生できた。どうも3G回線でも結構イケるようだ。

残念なポイント

電波強度が表示されない

私の設定に何か不備があるんだと思うが、今回の設定ではご覧のように電波強度が表示されない。写真上では電波がゼロの状態だと思うんだけど、実際つなげて見るとガンガン繋がる。

これはなぜなんだろうか。うーん不思議である。とにかく今回の楽天ブロードバンドLTEにiPhone5sは対応機種に入ってなかったのだ、何かその辺りも関係しているのかもしれません。

テザリングは使えない

残念な事にテザリングも使えません。これは契約する前に楽天ブロードバンドLTEのページに書いてあったので知ってはいたんだけどね。

結論!不満点はあるが割りきって使えば問題なし!

今回実際に使ってみて、残念なポイントもあったが、3G回線でも普通に使える。特に大きなデータのアップやダウンロードさえなければ全然使えますよ。月々の使用容量が500MBという制限はあるが、それを超えても低速で繋がるのでメール受信やちょっとしたHPの確認くらいはできる。

いろいろ制限はあるものの、割りきって使えば月々945円はかなり魅力的なのではないだろうか。だってキャリアのパケホに入ると6000円近くするから、2台目のスマホでそれに入る気はしないよ。

あと最後に、今後設定をいじり、LTE接続ができたなどの素晴らしい事が起きたらまたご報告させていただきます!

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別