新型iPod touch(第5世代)のカメラ画質検証 in 白山

登山系ブロガーのKazuです。本日は白山登山だ!やっほーい!そしてせっかく登るんだから新型iPod touch(第5世代)の画質検証を行なってみようと思います。

新型iPod touchは、カメラ性能が大きく上がったという事もあり、カメラ代わりに購入する人も多いと聞きます。さてどんな感じに撮れるかサンプルを作ってみました。また動画バージョンも参考になると思うのでそちら合わせてどうぞ。

新型iPod touchでのカメラ写真サンプル

フルオートで撮影 ホワイトバランスのずれもある

今回の撮影は、すべてフルオートで撮影しました。まず一枚目は入り口で撮ったものですがちょっとホワイトバランスがずれてしまいましたね。

でもホワイトバランスの精度でいうと、前のバージョンよりよくなってはおります。どうも日陰で撮る時にホワイトバランスがずれやすい傾向がありました。

iPod touchのわりに綺麗に撮れる

どうでしょう。以前のiPod touchのカメラだと撮れない写真です。赤も緑もしっかりでています。前の検証(記事)でも言いましたが、もうおまけのカメラとは言えません。

逆光での写り具合

朝日が昇る逆光で撮影してみました。まぁ太陽光が強い分、柱が黒く潰れちゃってますね。まぁこれは仕方ない。

むしろ、この逆光を生かして、かっこいい写真を撮るってのが本当でしょう。ちなみに写真には大きなススメバチの巣が写っているんですけど分かりますか(^^)

一眼と違って全体的にピントはあいます

受光素子は一眼と比べて小さいので、全体的にピントはあいますね。

葉っぱに太陽光がいい具合に入るときれい

葉っぱに、いい感じで太陽光が入り緑がきれいにでてます。いやぁいい光景だ。そしてこの日は紅葉が素晴らしかった。

太陽光の元、白いものは飛びやすい

当たり前の事なんですけど、超強力な太陽光の元だと、顔に明るさを合わせると白が飛びやすくなりますね。でもあとで比較するHDRを使うと多少よくはなります。

iPod touchでも一眼レフのようにぼかせる

iPod touchを使っても、一眼レフのように多少はぼかす事ができます。ポイントは前後の距離で奥にピントをおいて近くに何かがあると多少ぼけやすくなります。

その逆もありで、超近くのものにピントを合わせると背景がボケやすくなる。

日陰と直射日光での写り具合

写真の下側は日陰側、そして上側は直射日光が当たっている側です。明るさとしては日陰側に合わせているので直射日光が当たると多少色が飛びます。でもまぁ写真的にはそこまでわるくは写らなかったですね。

レンズに直射日光が入ると著しい画質低下

動画でも説明しているのだが、レンズに直射日光が入るとあまりよくありません。ご覧のようにフレアが発生してしまう事があります。

すると色ののり方も悪く、白くぼけた感じになったりするんだな。そういう時は手をかざして直射日光をさけてみよう。すると左側のような写真が撮れたりするみたいです。

暗い室内だとノイズも出ます

太陽光が入る室内にて撮影しました。太陽光が入るといっても部屋は暗めですのでやはり撮影するとノイズが発生。まぁこのくらいは仕方ないですね。

近くのものを接写して撮影するとカッコイイの法則

右下とか左下など小物を接写して写すと、なんかカッコイイ写真ができますよね。イマイチ写真撮影が苦手だと思っている方はぜひお試し下さい。

空は青かった

いい感じに空の青さが出ました。これってのは明るさの基準をどこにもっていくのかが重要で今回の写真だと中央の足場をもとに明るさを調整しているのかな。

逆に右下の日陰に合わせると、今回のように黒く潰れはしないが、空は白っぽく飛んでしまうと思います。

HDRの良し悪し

ちょっと、わかりにくいサンプルで申し訳ないのですが、HDRのサンプル作成してみました。HDRを使うと通常なら白く飛んでしまう色を救済したり、黒く潰れてしまう部分を復活させたりしてくれます。

ただ、それと同時に何かメリハリのない写真になることも。例えば上の写真だと空が白く飛ばず青色を表現でき、緑も出ています。でもどことなく太陽の力強さとかがなくなちゃった気もするんだよね。どっちを使うか非常に悩むところです。

ホワイトバランスも明るさもいい感じ

メインカメラで自分撮り。ホワイトバランスも合っていい写真がとれた。何枚もとって感じたのは直射日光だとホワイトバランスの精度はいいね。ほぼ確実に合っています。

逆に最初の写真にあったように、日陰の時はずれやすい傾向にあるのかもね。

山での飯は格別

山を登っての飯はむちゃくちゃうまいっすよね。この日はバーナーも持っていったのでラーメンなんかも食べたりしました。うーん最高!

空の青・赤い屋根・緑の植物

iPod touchのカメラでもこのくらいは撮れるようです。いい感じに色がでてるじゃないですか。ホントにこの日は天気がよくてこんな色だったんだよね。

強い日差し

晴れまくりで太陽光が強い!なので影ができるとホントきれいなシルエットができます。そんなシルエットを生かした写真も面白いっすね。

雲の上にやってきた

ここ白山の標高は約2700mです。天気にもよりますが雲の上に出ることもあるんですね。いやぁいい景色だ。こういう風景写真とるにはiPod touchでも十分な画質ですね。

カッコイイ写真が撮れると思ったので撮ってみた

先ほど言った、小物を接写するとかっこよく撮れるの法則を試してみました。うーん自分でいうのもカッコイイ。しかしなぜ白山の頂上にこんなものがあるんだろう。

iPod touchで撮影するとマッチョになります

iPod touchで撮影するとマッチョになるようです(笑)。まぁ冗談は置いておいて、iPod touchはこういった太陽光の下だと特に高画質を発揮してくれます。

今回紹介した写真は、色調補正など一切の補正なしのそのままの写真となります。いろいろ比べてみるとこういった直射日光の写真が特にきれいに見えるんです。

しかもこれだけ綺麗に取れてすっごく薄いので、携帯性がいい。あとアプリを使えば多少の補正はできるので多少悪い写真でもよくする事はできるかもしれません。いやぁ今年のiPod touchはマジに性能がよすぎる。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

 Apple User Kazu

管理人 カズ

iPadやiPod、MacBookなど、Apple製品が好きなので、専用のブログ作ってしまいました。基本的なデザインは『カズチャンネル』のをそのまんま使って、若干手を抜いてます(笑)。よかったら本家も見てね。

スポンサードリンク

月別